認定看護師のご紹介

がん化学療法看護認定看護師  

腫瘍総合ケアセンターは,がん患者さまが,外来通院しながら安全に治療を行い,それまでのライフ・スタイルを変えずに生活できることで,こころや体の負担が軽減されるようお手伝いすることを目標としています。またそのために,様々な職種が連携して,がん治療にあたっています。治療を受ける患者さまの「大切にしたいこと」や「楽しみ」を共に考え,「橋渡し」をしていくことは看護師の大切な役割と考えます。患者さま,そのご家族さまが,安心して「楽しい」と感じる毎日を過ごせるよう私たちも共に歩んでいきたいと思います。

安藤 恵美子


皮膚・排泄ケア認定看護師  

皮膚・排泄ケア認定看護師は創傷ケア、ストーマケア、失禁ケアの専門的な知識と技術を身に着け、ケアの実践・相談、医療者や患者さまへの指導を行っています。
高齢社会を迎え褥瘡(床ずれ)の問題は重要課題のひとつとなっています。「褥瘡は看護の恥」という言葉があります。褥瘡が避けられないケースもありますが、看護の力で予防できることも多くあります。褥瘡ができないように患者さまの状態をアセスメントし、適切なタイミングで適切な看護ができるようスタッフと協力していきたいと思います。ストーマケアを含め排泄障害は患者さまのQOLに関わることであり、看護の質を高め、患者さまがより良い日常生活が送れるよう活動していきたいと思います。

大久保 梨沙


がん性疼痛看護

がんの痛みは、身体的な痛みだけでなく、精神的、社会的、スピリチュアルな痛みが相互に影響し合って存在します。そして、それらの痛みは「眠れない」「動けない」「食べられない」など、患者さんの日常に悪影響を及ぼしてしまいます。がん性疼痛看護認定看護師は、患者さんにより満足できる状態で日常生活を送っていただけるように、また、つらい症状を取り除いてより良い状態で治療を受けていただけるように、看護師や他職種と協力・連携しながら日々活動しています。今後も最善のケアを行っていけるように知識・技術の向上に努めてまいります。がんの痛みについてお困りのことがありましたらどうぞお気軽にご相談下さい。

松永 智志


感染管理認定看護師  

平成28年11月より、前任の林感染管理認定看護師より引き継ぎました。        
新病院となり、環境も体制も変わり診療科も増えていく中で、前任者が残した礎を元に恵那病院、地域における感染対策に取り組んでいます。感染対策の基本は、手指の消毒と手洗いです。様々なウイルスや耐性菌が増えてきている中で、当院は基本となる手洗いと手指の消毒がどの場面でも実施しやすいよう環境を整えていきます。またインフルエンザなどの流行しやすい病気から、入院患者さま・ご家族さま、職員を含めた対策(流行期に病院に出入りするすべての人へマスクの着用、手指消毒を勧める、体温測定、ワクチン接種など)に取り組んでいます。        
これでいいのかな?これってどうなの?など疑問に思うことがありましたら、気軽にお尋ねください。現場の皆さんと一緒に考え、解決していきたいと思います。

安藤 徳子


感染管理認定看護師  

平成23年より感染管理認定看護師として活動をしています。
感染対策の基本は「手指衛生」と職員をはじめ、患者様、ご家族様にお伝えをしてきました。
細菌やウイルスは目で見えるものではありません。病院等医療施設の中では大きな問題となる事があります。職員全体が同じように感染対策をすることが重要です。
市立恵那病院は平成28年11月に新病院に移転をしました。産婦人科(お産の受け入れ)血液浄化センター、腫瘍総合センターが立ち上がりました。どの部門も今まで以上に感染対策を充実させていかなくてはなりません。感染管理認定看護師は2名となり共に協力をして活動を充実させていきたいと考えています。

林 やよい


摂食嚥下障害看護認定看護師

摂食嚥下障害看護とは病気や治療、加齢などが原因で口から食べることが難しい患者様に対して関わっていきます。口から食べることは、生きていくための手段でもありますが、生活する上での楽しみ、希望でもあります。何らかの原因で「食べる、飲み込む」ことのできない患者さまに対し、少しでも口から食べる楽しみを取り戻していただけるよう支援していきたいと思っています。嚥下スクリーニング、訓練内容の設定、栄養管理などを行い、食事の形態や姿勢の工夫等で安全に食べる方法を考え支援しています。NST医師、言語聴覚士、管理栄養士、薬剤師、検査技師等と情報共有して病棟看護師を巻き込んで「口から食べる」ことへの可能性を引き出す環境作りに取り組んでいます。

渡邉 美紀


糖尿病看護認定看護師  

糖尿病教育入院を行う病棟で勤務をしています。病棟では教育入院を始め、インスリン導入や血糖コントロール不良などで多くの糖尿病患者さまが入院されます。患者さまからは「糖尿病ってそんなにいろんなこと考えないといけないの」「病院と同じ食事なんて難しいから、食事のことが一番不安」と、治療が負担になる思いが聞かれます。その想いを受け止め、今までの生活に少しでも取り入れられることを一緒に考えていきたいと思います。また、患者さまは糖尿病を良くしたいと思い、その人ごとに頑張る思いには様々な形があります。その頑張りを良く知り、共感し、よき理解者となっていきたいと考えています。

早川 ゆみ


認知症看護認定看護師

現在、認知症をわずらいながら、他の疾患で入院される方が増えてきており、今後さらに増え続けることが予測されます。認知症の方にとって入院するということは、住み慣れた環境から無機質で経験のない環境での生活へと一変し、苦痛や不安となり過ごしにくさを感じる場所で過ごすこととなります。また、本人の意思決定がされないまま治療が行われるケースが多く混乱を招く場所となります。そのため、少しでも安気に過ごせるよう意思決定支援及びケアの継続をすることが必要になります。

認知症者のみでなく、認知症の方を介護されるご家族様の負担も大きく、思い悩んでいる方も多くみられるため、ご家族様へのケアも必要になります。

認知症の方・ご家族様が少しでも安心して、効果的な治療の継続ができるよう、また尊厳が守られるよう「その人」の視点に立ち、他職種や地域と協力・連携し日々活動をしていきたいと考えています。

安田 ひろみ