臨床工学室のご紹介

ごあいさつ


臨床工学技士は1987年に制定された、医学と工学の両面を兼ねた国家資格で医師の指示の下、生命維持管理装置の操作及び保守点検を行う事を業とする医療機器の専門職種です。
近年の医療技術の進歩は目覚ましく、それに伴い医療機器の高度化・複雑化が進んでおります。
その様な中、臨床工学室では医療機器のスペシャリストとして、生命維持管理装置(人工呼吸器など)の操作及び保守点検・使用中点検(ラウンド)、医療機器管理の保守点検計画の作成及び実施、医療機器に関する説明会の計画・実施、新規購入機器の選定などを行っております。

業務内容のご紹介

    血液浄化業務

      血液浄化センターでの機器の立ち上げから穿刺回収業務、病棟での急性血液浄化(エンドトキシン吸着、CHDFなど)。
      腹水濾過濃縮業務。

      呼吸療法業務

        人工呼吸器稼働中点検、使用後点検及び、呼吸療法中の設定・呼吸器離脱時の情報提供及びサポートなど

        医療機器管理業務

        医療機器の使用後点検及び定期点検。医療機器の貸出返却業務。


        その他

          救急外来での人工呼吸器サポート。