産婦人科のご案内

治療方針

    早期発見が望まれる婦人科疾患




     
     
    現在、少なくとも4人に1人の女性に発見されるといわれる子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫があります。
    これらの良性疾患をはじめとし、早期発見が望まれる子宮がんや乳がんなどの検診、手術療法、化学療法(抗がん剤による治療)、放射線治療の組み合わせによる悪性腫瘍の治療などを行っています。

    主な対象疾患

      子宮筋腫
      子宮膣部びらん
      更年期症候群
      卵巣機能不全
      外陰部腟カンジダ症
      子宮腺筋症
      過多月経
      腟炎
      月経前症候群
      子宮内膜ポリープ
      卵巣腫瘍
      卵巣のう腫
      子宮体がん
      卵巣がん


      医師紹介

      伊藤 雄二

      役  職  副管理者
      資  格 日本産科婦人科学会専門医
       日本プライマリ・ケア連合学会認定プライマリ・ケア認定医
       ALSO-Japan インストラクター/特別指導教官
       日本周産期・新生児医学会新生児蘇生専門コースインストラクター
       日本体育協会公認スポーツドクター
      専門分野 産婦人科一般


      医師紹介 一杉

      一杉 明員

      役  職  非常勤医師
      資  格 日本産科婦人科学会専門医
      専門分野 産婦人科一般


      医師紹介 藪下

      藪下 廣光

      役  職  非常勤医師
      資  格 日本産科婦人科学会専門医
      専門分野 産婦人科一般、検診