JADECOM 総合診療産婦人科養成センターについて

センター長メッセージ 公益社団法人 地域医療振興協会 総合診療産婦人科養成センター センター長 伊藤 雄二

公益社団法人 地域医療振興協会
総合診療産婦人科養成センター センター長

伊藤 雄二

公益社団法人 地域医療振興協会 総合診療産婦人科養成センター センター長 伊藤 雄二 地域医療振興協会×市立恵那病院

「総合診療医によるお産」の実現に向けて

総合診療産婦人科養成センターの設立は、私にとって10年越しの夢でした。「総合診療医によるお産」という発想は、日本ではまったく馴染みがないため、周囲の理解が得にくい状況が続いていたのです。今これを読んでいる方の中にも、「そんなことをして大丈夫?」と、不安に感じる方がいるかもしれません。しかし、総合診療医が担当するのは、助産師だけでも管理できるリスクの低い妊婦です。妊婦のリスク評価は、約75%がローリスク、約22%がミドルリスク、約3%がハイリスクという割合であり、ローリスクな妊婦の健診や分娩介助を総合診療医が担えば、産婦人科医はそのバックアップや手術、比較的リスクの高い分娩等に専念することができます。一方で正常、ローリスクと思われた妊娠・分娩がリスクの高い分娩になってしまうこともあります。したがってそのためにチームでシミュレーションを繰り返し、周産期チームが機能するように備えておくことも必要です。

地域医療振興協会×市立恵那病院

経験豊かな開業医の先生方に1年でも長く現役を続けていただくために

そして、もう1つの趣旨として、経験豊富な開業医の先生方に、1年でも長く現役を続けて欲しいという想いがあります。分娩を取り扱う診療所では、引き続き正常分娩を担っていただき、軽症の合併症妊婦や婦人科患者を病院で対応できれば、分娩の安全性を保ちながら、それぞれの医療機関の特性を活かした役割分担が可能になります。また、分娩取扱い施設のない地域では、ローリスクな正常妊娠の健診は診療所、分娩は病院の総合診療医と分担することで、診療所の先生方にも、地域で長く活躍し続けていただきたいと思います。私たちの課題は、単に病院の産婦人科医の負担を取り除くことではなく、いかに地域のお産を守っていくかであり、総合診療医に任せられるところ(処置や正常分娩など)は任せながら、産婦人科医が協力・指導・バックアップしていく体制を築くことです。欧米では、何十年も前から家庭医が分娩介助をしており、日本でも最近になって、海外で家庭医学を学んだ医師たちが、産婦人科診療に関わる家庭医の育成に取り組み始めました。当センターの展望としては、母体である地域医療振興協会の中で「認定医制度」を発足し、一定の研修期間を条件に、全国のグループ病院でお産に関われる仕組みを創ることです。ひとつ先の時代にあるべき総合診療医像を創るため、成長・発展してまいります。

全国へつなぐ、新しい産婦人科医療のカタチ

当センターは、地方都市及びへき地・離島での分娩を継続するため、産婦人科診療が可能な総合診療医を養成する目的で設立されました。総合診療医に必要なウィメンズヘルスケアトレーニング、分娩トレーニングを提供し、産婦人科医との連携の取り方、助産師や他科医師との協働の在り方なども学んでいただきます。
センター長が開催している「ALSO-Japan プロバイダーコース」の参加者の中には、救急医やプライマリケア医など、産婦人科以外の医師も多く見られます。そのような志を持つ医師たちに、さらに踏み込んだ女性診療・周産期医療に関する学びを提供できる場があれば、専門医の負担が大きい産婦人科医療体制を変えていけるのではないかと考えています。「女性の一生をケアする」という概念 は、産婦人科と総合診療科の共通のものであり、産婦人科領域における総合診療医の新しい活躍に、大きな期待を寄せています。
岐阜県恵那市から全国へ、新しい産婦人科医療のカタチを発信していきます。

女性の一生をケアする 総合診療医+産婦人科医療
ALSO-Japanロゴ

ALSO-JapanロゴALSO-Japanとは

Advanced Life Support in Obstetrics(ALSO)とは、医師やその他の医療プロバイダーが、周産期救急に効果的に対処できる知識や能力を発展・維持するための、NPO法人 周産期医療支援機構が開催する教育コースです。またプライマリケア医だけでなく産婦人科の研修医を対象とした訓練でもあります。

  • ALSO-Japanの活動01
  • ALSO-Japanの活動02
  • ALSO-Japanの活動03

NPO法人 周産期医療支援機構
ALSO-Japan サイトへ

それぞれの地域を支えている医師と共に、日本の産婦人科医療を守っていきたい。

それぞれの地域を支えている医師と共に、
日本の産婦人科医療を守っていきたい。

市立恵那病院では、産婦人科 医師を募集しています。市立恵那病院では、産婦人科 医師を募集しています。

市立恵那病院では、
新しく産婦人科の開設にあたり
産婦人科医療に携わっていただける医師の皆さんを幅広く募集しています。


TOP